現代の〈錬金術〉:言葉に付け加わる新たな意味

時の流れと共に、言葉に新たな意味が付け加わることは稀ではありません。今回取り上げる〈錬金術〉もその一つです。 〈錬金術〉は元々、中世ヨーロッパなどで行われていた試みのみを指していました。この試みは研究というよりは、儀式の要素が強かったとも聞きます。ちなみに、あのニュートン博士も熱狂していたことが伝えられています。 結局、彼らの「卑金属から貴金属…

続きを読む

陽子の数を変えれば、元素も変わる

元素の名前は陽子の数(原子番号)で指定されます。 ということは、陽子の数を変えることができれば、元素を変えることができます。これはいわば、ある元素から別の元素を生み出す〈錬金術〉とも言えます。 その〈錬金術〉を可能にするのが、原子核反応です。 以下の式は、人類史上初の人工的に行われた原子核反応です。 アーネスト・ラザフォード博士(187…

続きを読む