15にまつわるエトセトラ(4/4)

15_part4_600.png

今回のブログも「15」にまつわる話題を紹介します。


#15事典 87【酸素15】 陽子8個と中性子7個から成る原子核。ベータ崩壊により、陽子7個と中性子8個から成る窒素15へ崩壊する。半減期は122.24秒。陽電子(ポジトロン)放出核であり、ポジトロン断層撮影法(PET)にも応用されている。人類は不安定原子核の恩恵も受けている。(小林)

CoSTEP_PRさんの投稿 2020年12月20日日曜日

まずは「酸素15」の話です。この原子核は不安定で、2分ほどで陽子を中性子に変えるベータ崩壊※1をします。その崩壊に際して、電子の反物質である「陽電子」が放出されます。放出された陽電子は近くにある電子とぶつかって、光(ガンマ線)と共に消えてしまいます※2
※1:逆ベータ崩壊、ベータプラス崩壊とも呼ばれます。
※2:この現象は「対消滅」と呼ばれます。

上記のような陽電子を放出する原子核(窒素13、酸素15、フッ素18など)はポジトロン断層撮影法(PET)にも応用されています。素粒子や原子核が医療に用いられている好例です。


#15事典 88【北大ポプラ並木】 札幌市北区が選定した「北区歴史と文化の八十八選」の“15”は北海道大学のポプラ並木。明治45年(1912年)に札幌農学校の学生たちにより農場内に植えられたもの。札幌を代表する牧歌的風景でもある。北大を訪れた際はぜひ足を運んでほしい。(小林)

CoSTEP_PRさんの投稿 2020年12月21日月曜日

次は北海道大学にあるポプラ並木の話です。北海道大学札幌キャンパスのある札幌市北区が「北区歴史と文化の八十八選」というものを選定していて、その15番がポプラ並木でした。北大札幌キャンパスにお越しの際は、ぜひポプラ並木にも足を運んでみて下さい。

ちなみに、この投稿が僕が投稿した22個の「15」の中で一番気軽に投稿したものですが最も多くの「いいね」を頂いています(複雑な気持ちw)


#15事典 90【15角形】 15本の辺と頂点を持つ多角形。内角の和は2340°、対角線の数は90本。1辺の長さがaである正n角形の面積を求める公式を用いると、1辺の長さがaの正15角形の面積は約17.64a^2と求めることができる。それぞれの求め方は添付画像を参照のこと。(小林)

CoSTEP_PRさんの投稿 2020年12月23日水曜日

続いて、15角形の話です。15角形のいくつかの性質を列挙しました。簡単な計算ノートも作成しました※3
※3:計算ノートのPDFファイルはこちら→15事典_正15角形.pdf


#15事典 97【雪の樹枝状結晶】 雪の結晶は-15℃で水蒸気量が多い条件において、樹枝状になりやすい。中谷宇吉郎博士らが低温室における研究から導き出した成果「中谷ダイヤグラム」から読み取ることができる。中谷ダイヤグラムは結晶の形状と上空の様子をつないでいる。(小林)

CoSTEP_PRさんの投稿 2020年12月30日水曜日

続いて、雪の結晶の話です。北海道大学ゆかりの科学者として良く取り上げられる人物に、中谷宇吉郎博士がいます。彼は北大で雪の結晶に関する研究を行いました。その中でも気温と水蒸気量の条件で、雪の結晶の形状がどのように変わるのか、を表した「中谷ダイヤグラム」は有名です。

中谷ダイヤグラムを眺めると、-15℃でかつ水蒸気量が多い条件だと、雪の結晶は樹枝状(Dendritic)になることが読み取れます。少し強引かもしれませんが、これも「15」にまつわる話として投稿しました。意外にも、「いいね」の数も多かったのが印象的でした。

余談ですが、最近、中谷博士の孫弟子である菊地勝弘先生のインタビュー記事を執筆しました。中谷博士や雪の結晶研究に興味のある方はぜひそちらもご覧下さい。


#15事典 98【太古代】 40億年前から25億年前までの15億年間。地質学的証拠が見つからない冥王代に次ぐ時代。岩石が見つかり始める地質時代とも言える。40億年前に形成された岩石が発見されているのだ。岩石を調べることで、人類は40億年前にまで思考を旅立たせることができる。(小林)

CoSTEP_PRさんの投稿 2020年12月31日木曜日

僕からの「15」にまつわる話の最後の投稿は、太古代に関するものでした。太古代は岩石が見つかり始める地質時代で、40億年前から25億年前の15億年間と定められています。

これは100個の投稿の98番目のもので、だいぶ絞り出した話題でもありました。

さて、4回に分けて書いてきた「15」話ですが、これで最後となります。これまでの投稿は以下の3つです。興味のある方はぜひご覧ください。

「15」にまつわる話題を100個投稿する、という企画の中で、僕は結局、22個の投稿をすることができました。「15」というお題で5個くらいはパッと思い浮かびましたが、それ以降は、いろいろと調べながら話題を探っていきました。終盤は、アイデアを絞り出した感じでした。

とはいえ、「15」というお題に自分の知識を総動員して、「もしかしたら、あれも15か」「ここの部分は15と関係あるか」などと、考えを巡らせて、投稿内容を探る過程は楽しい経験でした。

いつもとは異なる視点で、自分の頭の中とか、世の中に溢れる情報を観ると、今まで気づかなった景色にも出会えるのだな、と思えました。

この記事へのコメント