科学コミュニケーターになるには

「科学コミュニケーターを名乗るには、やはりCoSTEPを修了しないといけないのですか?」と質問されたことがあります。
※「CoSTEP」とは、北海道大学の科学コミュニケーター養成プログラムの略称です。

もちろん、そんなことはありません。現在のところ、国が「科学コミュニケーター」という名の資格を設けているわけでもないですし、職名として「科学コミュニケーター」を用いている機関もごく一部です。

今回の記事では、そんな「科学コミュニケーター」について考えます。

科学コミュニケーター養成講座の広がり
2000年代に入り、「科学コミュニケーション」という言葉や理念が日本でも広がり始めたと同時に、大学院教育や博物館において、科学コミュニケーター養成のための講義や講座が取り入れられ始めました[1,2]

以下のウェブページでも、科学コミュニケーションを担う人材の養成の広がりが紹介されています。参考にして下さい。
北海道大学CoSTEPもそのうちの一つです。以下には、北海道大学CoSTEPを含む三つの養成講座における科学コミュニケーターの説明文を掲載しました。

科学コミュニケーターに関する説明文
科学技術コミュニケーターは、科学技術の専門家と一般市民との間で、科学技術をめぐる社会的諸課題について双方向的なコミュニケーションを確立し、国民各層に科学技術の社会的重要さ、それを学ぶことの意義や楽しさを効果的に伝達する役割を果たせる人です。

人と自然と科学が共存する持続可能な社会を育むために、誰もが科学について主体的に考えて行動できるきっかけを提供し、人と人あるいは科学と社会をつなげる、それがサイエンスコミュニケータです。

未来館の「科学コミュニケーター」は、科学者・技術者と市民とをつなげる役割を担っています。先端の科学技術研究の動向を調査するとともに、展示フロアでの解説や実演、展示物やイベント、メディアの企画・制作などを行い、これらを通じて科学と社会の間に双方向のコミュニケーションを生み出します。

これらの説明文からは、科学コミュニケーターとは職種ではなく「役割」であることが分かります。したがって、「養成講座を修了した=科学コミュニケーター」というわけではないのです。
※日本科学未来館では、「科学コミュニケーター」という名称でスタッフを採用しているので、少し事情は異なります。もちろん、日本科学未来館のスタッフでなければ科学コミュニケーターではない、なんてこともありません。

科学コミュニケーターという「役割」
科学コミュニケーターが資格でもなく職種でもないとすると、その意味に当てはまる人も(自然と)多様になります。文献[1]では、科学コミュニケーターを

「あるテーマをめぐる科学技術コミュニケーションの場に積極的に、かつある程度継続的に関わる人々のすべて」(科学技術の専門家か非専門家かを問わない)

と設定しています。科学技術の専門家かどうかも関係ないのです。

大切なのは、科学コミュニケーションに「積極的に、かつある程度継続的に」関わっているかどうか、なのです。

したがって、科学コミュニケーター養成講座を修了していないからといって、科学コミュニケーターを名乗ってはいけない、などというルールはありません。
※逆に、科学コミュニケーター養成講座を修了したからといって、科学コミュニケーターなのかどうかも不透明になります。

もし、そういった慣習や雰囲気が蔓延すれば、科学コミュニケーションは近寄りがたい存在になっていきます。それでは、導入の経緯から考えて、本末転倒です。

科学コミュニケーションに関する勉強も大切
そうはいっても、「積極的に、かつある程度継続的に」科学コミュニケーション活動に携わっている“だけ”では不十分だ、と僕は考えます。

科学コミュニケーションに関する基礎知識や実践例を学ぶこと、科学コミュニケーションに必要とされるスキルなどを(ある程度)習得することも必要です。

そのための手段として、先述した養成講座に参加することは非常に有益です。それは、科学コミュニケーションを専門とする人たちと関われることや、自分とは異なる科学コミュニケーション活動に携わる人たちと直に情報交換や意見交換ができるためです。

オープンアクセス文献がオススメ
ただ、養成講座に参加するにはお金も時間もかかります。加えて、数えるほどの講座しかないため、居住地からの制限も付いてしまいます。

そこでオススメなのが、オープンアクセスの科学コミュニケーション関連記事での勉強です。以下に、代表的な二つの雑誌を挙げます。

全ての記事がオープンアクセスです。

1年くらい経ったバックナンバーがオープンアクセスです。

これらは、科学コミュニケーションに関する議論や実践例が掲載されている雑誌です。僕もこれらの記事を読んで、情報収集したり、科学コミュニケーションに関する理解を深めています。

もちろん、科学コミュニケーションに関する書籍(有料)も発行されているので、興味のある人は調べてみて下さい。

この記事へのコメント