プレゼンテーションは「Sell yourself」

研究の過程では、学会はもちろん、その他の研究会や日常的な研究ミーティングなど、プレゼンテーション(以下、プレゼン)をする機会が(意外と)多いです。

以前、遺伝学研究所の広海健先生による研究プレゼンのセミナーを聴講したことがあります。その中でも特に研究プレゼンと論文は何が違うのか?」という話が印象的でした。ここに備忘録として記しておきます。

研究プレゼンと論文では、それがもたらす効果が違うのです。

論文は「Sell your results」
研究プレゼンは「Sell yourself」

論文の場合、研究グループや国で覚えられてしまうことがあります。例えば「○○研究所のグループによる20××年の論文」だったり、「日本の研究者らの論文」といった具合です。

一方の口頭発表では、登壇者は自分一人なので、聴衆の眼は(共同研究者にどんなに著名な先生が名を連ねていても)自分に集まります。

また、口頭発表では聴衆からのフィードバックも得られるため、その対応によっても「Sell yourself」に繋がります。

プレゼンの重要性を改めて学ぶことできたセミナーでした。

参考までに、僕がセミナーで学んだことを以下に列挙しておきます。
  • プレゼンの結論に対応する問いを明示する←最後の結論まで話について行くための道具になる。
  • その「問い」を私がどうして知りたいのかをきちんと伝える←聴衆に「Key Questionだ!」と認識させるため。
  • 一人ひとりが出せる結論は小さいが、「大きな一つ」と印象付けることが大切。そのためには、どういった広がりを示せるのか、がポイントになる。
  • そのスライドで伝えたいことをスライドタイトルにすると良い。

この記事へのコメント